Paper&Grant

Japanese version (including Japanese papers)

学術論文/Journal Papers

  1. 栗原 一貴, 植村 あい子, 板谷 あかり, 北原 鉄朗, 長尾 確: "Picognizer: 電子音の認識のための JavaScript ライブラリの開発と評価", 情報処理学会論文誌, Vol.60, No.2, Feb. 2019.
  2. Aiko Uemura, Kyota Higa, Masumi Ishikawa, Toshiyuki Nomura and Jiro Katto: "Music Part Detection in Music Television Program on Chroma Vector Analysis," IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computing, vol.3, no.2, pp.215--223, Dec. 2015.

国際会議等における発表/International Conference Proceedings

  1. Aiko Uemura, Tetsuro Kitahara: "Preliminary Study on Morphing of Chord Progression", Computer Simulation of Musical Creativity (CSMC), Aug. 2018.
  2. Mai Udagawa, Aiko Uemura and Tetsuro Kitahara: "Support System for Excercising Guitar Chord Performance", Computer Simulation of Musical Creativity (CSMC) Late Breaking Abstracts, Aug. 2018. (not deeply reviewed)
  3. Kazutaka Kurihara, Akari Itaya, Aiko Uemura, Tetsuro Kitahara, Katashi Nagao: "Picognizer: A JavaScript Library for Detecting and Recognizing Synthesized Sounds", Advances in Computer Entertainmento Technology, Proceedings of ACE 2017, LNCS 10714, (Adrian David Cheok, Masahiko Inami, and Teresa Romão (Eds.)), pp.339--359, Springer, Dec. 2017. (Bronze Paper Award)
  4. Kazumasa Ishikura, Aiko Uemura and Jiro Katto: "Live Version Identification with Audio Scene Detection," The 21th Anniversary International Conference on MultiMedia Modeling (MMM) (Lecture Notes in Computer Science Volume 8935, 2015, pp.408--417, Springer), Jan. 2015.
  5. Aiko Uemura, Kazumasa Ishikura and Jiro Katto: "Effects of Audio Compression on Chord Recognition," The 20th Anniversary International Conference on MultiMedia Modeling (MMM) (Lecture Notes in Computer Science Volume 8326, 2014, pp.345--352, Springer), Jan. 2014.
  6. Aiko Uemura, Kyota Higa, Masumi Ishikawa, Toshiyuki Nomura and Jiro Katto: "Music Part Segmentation in Music TV Programs based on Chroma Vector Analysis," Proceedings of IEEE International Symposium on Multimedia 2012, pp.32--35, Dec. 2012.
  7. Aiko Uemura, Jiro Katto: "Chord Recognition using Doubly Nested Circle of Fifths," Proceedings of IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, pp.449--452, Mar. 2012.

国内査読付き会議

  1. 栗原 一貴, 板谷 あかり, 植村 あい子, 北原 鉄朗: "Picognizer: 電子音の検出および認識のためのJavaScriptライブラリ", 第21回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ論文集 (WISS 2017), Dec. 2017.

国内学会・シンポジウム等における発表

  1. 草地 澪, 植村 あい子, 北原 鉄朗 : "ピアノ用自動バラード調アレンジシステム", インタラクション2020(インタラクティブ発表), 3A-09, Mar. 2020.
  2. 井上 湧哉, 植村 あい子, 北原 鉄朗 : "音楽と印象に関する一分析", 情報処理学会研究報告(音楽情報科学), Vol.2020-MUS-126, No.1, pp.1--17, Feb. 2020.
  3. 植村 あい子, 北原 鉄朗: "コードモーフィングに基づくリハーモナイゼーションの一検討", 日本音響学会 2019年春季研究発表会 講演論文集, Mar. 2019.
  4. 河村 翔太, 植村 あい子, 北原 鉄朗: "歌詞と音楽が与える印象の分析", 日本音響学会 2019年春季研究発表会 講演論文集, March 2019.
  5. 本間 直人, 植村 あい子, 北原 鉄朗: "アニメの主題歌による類似アニメ検索の検討", 情報処理学会 インタラクション2019(インタラクティブ発表), 3B-53, Mar. 2019.
  6. 植村 あい子, 北原 鉄朗: "コード進行に関するモーフィングの初期検討", 情報処理学会研究報告, 2018-SLP-122, 20, pp.1–5.
  7. 宇田川 真唯, 植村 あい子, 北原 鉄朗: "ギター初心者のための演奏練習支援システムの提案", 情報処理学会 第80回全国大会 講演論文集, 1N-1, Mar. 2018.
  8. 栗原 一貴, 板谷あかり, 植村 あい子, 北原 鉄朗, "電子音の認識のためのJavaScriptライブラリの開発," エンタテインメントコンピューティングシンポジウム2017論文集, pp.1-10, 2017. (プレミアムペーパー)
  9. 大石 皓太郎, 植村 あい子, 甲藤 二郎: "打楽器の音源同定における深層学習を利用した認識率の改善,"電子情報通信学会総合大会, A-5-18, Mar. 2016.
  10. 坂牛 和里, 植村 あい子, 村岡 眞伍, 甲藤 二郎: "Webカメラ画像を利用したギター練習支援システムの検討,"電子情報通信学会総合大会, D-11-37, Mar. 2016.
  11. 坂牛 和里, 植村 あい子, 村岡 眞伍, 甲藤 二郎:"画像処理を用いた初心者のためのギター演奏支援システム," 映像情報メディア学会冬季大会, Dec. 2015.
  12. 安田 龍一郎, 大石 皓太郎, 植村 あい子, 甲藤 二郎: "Harmonic/Percussive Sound Separationを前処理とした和音認識の性能調査," 情報処理学会AVM研究会, Dec. 2015.
  13. 大石 皓太郎, 植村 あい子, 甲藤 二郎: "楽器種類を拡張した打楽器の音源同定," 電子情報通信学会総合大会, Mar.2015.
  14. 村岡 眞伍, 植村 あい子, 甲藤 二郎: "確率モデルに基づく候補提案型鍵盤楽器システム," 情報処理学会全国大会, Mar.2015. (学生奨励賞受賞)
  15. 大石 皓太郎, 甲藤 二郎, 植村 あい子, 石倉 和将:"未知楽器を含む打楽器を対象とした音源同定,"電子情報通信学会 総合大会, Mar. 2014.
  16. 萩原 秀一, 甲藤 二郎, 植村 あい子, 石倉 和将:"和音認識における学習数の影響と誤り傾向の調査,"電子情報通信学会 総合大会, Mar. 2014.
  17. 石倉 和将, 植村 あい子, 甲藤二郎:"シーン判別手法を組み込んだライブバージョン楽曲同定システム,"電子情報通信学会 総合大会, Mar.2014.
  18. 深山 覚, 石倉 和将, 和泉 諒, 岩井 憲一, 植村 あい子, 奥村 健太, 加庭 輝明, 河原 英紀, 小池 宏幸, 須之内 元洋, 竹川 佳成, 土屋 政人, 中村 友彦, 中村 亮介, 濱崎 雅弘, B. Evans, 堀内 俊治, 松原 正樹, 三浦 寛也, 莱 孝之: "デモンストレーション: 音楽情報処理の研究紹介XII,"情報処理学会研究報告 Vol. 2013-MUS-100, No.133, Aug. 2013.
  19. 植村 あい子, 石倉 和将, 甲藤 二郎: "圧縮やダウンサンプリングがクロマベクトルと和音認識に与える影響について,"情報処理学会 音楽情報科学研究会(音学シンポジウム2013), May. 2013.
  20. 石倉 和将, 植村 あい子, 甲藤 二郎: "ライブにおける楽曲の遷移を考慮したリアルタイム楽曲同定システム,"情報処理学会全国大会, 3R-2, Mar. 2013.
  21. 植村 あい子, 石倉 和将, 甲藤 二郎: "異なるビットレートの楽曲を用いたクロマベクトルの解析,"情報処理学会全国大会, 2D-7 , Mar. 2013.
  22. 植村 あい子, 甲藤 二郎: "音楽理論を用いた誤り区間の検出・補正による和音認識,"情報処理学会全国大会, 4S-4, Mar. 2012.
  23. 石倉 和将, 植村 あい子, 甲藤 二郎: "実環境におけるライブ演奏楽曲の楽曲同定,"電子情報通信学会総合大会, A-10-15, Mar. 2012.
  24. 植村 あい子, 甲藤 二郎: "DNCOFベクトルとクロマベクトルを併用した和音認識,"情報処理学会 音楽情報科学研究会, MUS90-5, May. 2011.
  25. 植村 あい子, 甲藤 二郎: "Doubly Nested Circle of Fifthsに基づく和音情報とHMMを用いた和音認識," 電子情報通信学会総合大会, A-10-8, Mar. 2011.
  26. 植村 あい子, 甲藤 二郎: "Doubly Nested Circle of Fifthsを用いた和音認識の特性改善," 情報科学技術フォーラム(FIT2010),5G-3, Sep. 2010.
  27. 植村 あい子, 甲藤 二郎: "Doubly Nested Circle of Fifthsを用いた和音認識," 2010-MUS-84, 5, Feb. 2010.

その他

  1. 新博士によるパネルディスカッション「新博士さんいらっしゃい!」, 第112回 音楽情報科学研究会(夏のシンポジウム).
  2. 原崎秀信, 西宮康治朗, 矢野絵美, 金井謙治, 植村あい子, "IEEE の紹介と日本での学会活動," 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, vol.9, no.4, pp.228-233, 2016.
  3. 植村あい子, 竹内健, "ICASSP2012見学報告," 映像メディア学会誌, 2012年6月号.

GRANT

  1. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(令和2~3年度)「ハーモニーの感性情報モデル構築に基づく楽曲分析」(研究代表者)
  2. 公益財団法人カシオ科学振興財団 第37回(令和元年度)研究助成「ハーモニーの感性情報を活用した和音進行生成インターフェースの開発」(研究代表者)
  3. 早稲田大学 理工学術院総合研究所 2014年度若手研究者支援事業(アーリーバードプログラム)「FPGAボードを用いた音響特徴量の分析と和音認識システムの構築」(研究代表者)
  4. ローム研究助成, 「周波数成分変化に関する音響特徴量の分析と和音認識応用」(研究代表者)